昨今、仕事がなかなかみつからない日本、失業率も世界的にみれば低いとはいえ厳しい中、東京への転職がアツイ!

転職と共に東京へ引越しました!
転職と共に東京へ引越しました!

東京で転職をかんがえてみよう!

転職と共に東京へ引越しました!
大学生の就職率が回復してきていると言われている現在の日本、ですがバブル期に比べれば依然として低水準のままです。昔のバブル期であれば、仕事なんて溢れるほどにあって、企業が選ぶ側ではなく、求職者が企業を選ぶという現在では全く考えられない時代でした。実際、全く勉強等をしない人々でも大企業に勤めることが可能だったわけで、そういった人々が今では、大企業の上層部にいます。羨ましいと感じるバブル世代の人々がいる反面、我々の世代はどうでしょう。資金にも余裕がある団塊の世代が、退職ラッシュを迎え、さらには彼らは年金もほぼ安全に受給できる世代です。それなのに、我々の現状ときたら、大企業には相当に熾烈な就職活動を制しなくては入れないですし、昔のように賃金カーブが見事な曲線を描くことはありませんし、ボーナスだってでないところもある時代です。

日雇い労働や派遣労働者といった、非正規雇用の方々も増え、企業もそうした使い勝手のよい労働者を大量に保有している状況です。まさしくデフレのせいと言えるのではないでしょうか。そうした中で、求職者は派遣労働や賃金の低い正社員から脱出を図ろうと、転職を考えます。しかし、地方では中々転職求人もないというのが現状ではないでしょうか。私がお勧めするのは、東京への転職活動です。東京では未だに仕事が溢れかえっています。地方ではみられないような物価水準と、それに伴う給料面での恩恵が受けられます。是非一度、東京での募集内容をご覧下さい。

Copyright 2018 転職と共に東京へ引越しました! All Rights Reserved.